後遺障害の賠償請求

後遺障害の賠償請求と弁護士

等級区分認定について


後遺障害の種類によって等級が定められています。第十四級から一級まで存在し、数が少ない等級ほど重い後遺障害と認められます。

特に交通事故で多い後遺障害の種類といえば、むちうちが挙げられます。むちうちは、第十四級から十二級相当とされ、110万円から290万円までが等級に対応した裁判基準とされています。しかし、後遺障害の中では軽いものということで、医師から後遺障害として認められないケースも多いです。後遺障害として認められなかった場合、裁判において、一銭も金額を被害者側に請求することができません。本来受け取るべき金額が受け取れないとなると、金銭面で厳しいことはもちろん、心理面においても、納得できないまま通院を続けるということは大変苦痛です。

通常、医者は患者側の立場を考慮しながら治療をおこないます。しかし、交通事故の場合、加害者側の保険会社から医療照会を受ける際に、加害者側を守るために、診断の再考を求める場合があること、そして、大量の書類作成や度重なる診察が必要となり、被害者と加害者間との板ばさみの状況を脱したいといった理由から、保険会社の指示通りに動く医者も少なくありません。そうなると、被害者側にとって不利な状況となってしまいます。

重度の後遺障害においても、保険会社が加害者側の被害を少なくしようと働きかけるため、被害者側で弁護士を立てるといった自己防衛策はとても大切です。

カテゴリー:未分類